産学連携セミナー 第133回寺子屋せんだい

自動車産業に参入する可能性
-提案活動で新規参入・取引拡大を目指して-

本セミナーは終了しました

産学連携セミナー「寺子屋せんだい」は地域企業の技術者に向けたサロン形式セミナーです。各分野の最前線を走る先生方がテーマに沿って分かりやすくお話しします。
今回のセミナーでは、宮城県産業技術総合センター 自動車産業振興コーディネーター 萱場 文彦 氏をお招きして、自動車産業に参入する可能性-提案活動で新規参入・取引拡大を目指して-をテーマに講義いただきます。
自動車産業への新規参入・取引拡大、将来の動向予測及び企業が取るべき行動等について分かりやすくご紹介いたします。また、メーカー等に自社の技術力をアピールする提案活動については、自動車産業に限らず他の産業にも幅広く通じる内容です。ぜひお気軽にご参加下さい。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 自動車産業への新規参入・取引拡大について考えている方
  • 自動車産業における将来の動向予測、現地調達の動向についてより理解を深めたい方
  • 提案活動についてヒントを求めている方
  • 研究者や企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

令和元年7月26日(金)18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

公益財団法人仙台市産業振興事業団 会議室A(仙台市青葉区中央1-3-1 AER7階)
アクセス


講師

講師

(萱場 文彦 氏)

宮城県産業技術総合センター
自動車産業振興コーディネーター 萱場 文彦 氏

 

|プロフィール|
1973年トヨタ自動車株式会社入社、エンジン開発・設計を担当。トヨタ自動車 東富士研究所ではエンジン先行開発、製品企画ダイナトラック担当チーフエンジニア、新車進行管理部IMV担当として新興国市場をターゲットとした世界戦略車プロジェクト等に約30年間従事。2011年より宮城県産業技術総合センター自動車産業振興コーディネーター。


セミナー概要

 自動車産業に参入する可能性 
-提案活動で新規参入・取引拡大を目指して-

東北地方における自動車産業関連企業の集積が進んでいる。進出企業は現地調達したいと考えているが、自社技術の優位性を認識する事が出来ていない地元企業が多く、新規参入・取引拡大の機会を逃している。本セミナーでは、自動車産業への新規参入・取引拡大、自動車産業における将来の動向予測等について紹介します。

チラシはこちら

過去の開催報告はこちら


参加費

1,000円(税込)※当日お支払い、交流会費込み


定員

40名(先着順)


申込方法

※受付終了しました。


申込締切

令和元年7月24日(水)まで


お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
経営支援部 経営支援課 担当:菊田・芳賀
TEL : 022-724-1122 FAX : 022-715-8205
E-mail:keieishien@siip.city.sendai.jp