産学連携セミナー 第137回寺子屋せんだい

「中小企業が挑戦できる東北を創る次世代放射光」

産学連携セミナー「寺子屋せんだい」は地域企業の技術者に向けたサロン形式セミナーです。各分野の最前線を走る先生方がテーマに沿って分かりやすくお話しします。
今回のセミナーでは、一般財団法人光科学イノベーションセンター 理事長 高田 昌樹 氏をお招きして、「中小企業が挑戦できる東北を創る次世代放射光」をテーマに講義いただきます。次世代放射光施設の概要、産業利用の可能性及び地域経済への波及効果等について分かりやすくご紹介いたします。ぜひお気軽にご参加下さい。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 次世代放射光施設の概要について知りたい方
  • 次世代放射光施設の産業利用の可能性、地域経済への波及効果等について理解を深めたい方
  • 研究者や企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

2019年11月27日(水)18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

公益財団法人仙台市産業振興事業団 会議室A
(仙台市青葉区中央1-3-1 AER7階)
アクセス


講師

講師

(高田昌樹 氏)

一般財団法人光科学イノベーションセンター
理事長 高田 昌樹 氏

 

|プロフィール|
広島県呉市生まれ。広島大学で理学博士の学位を取得後、名古屋大学工学研究科等を経て、理化学研究所放射光科学総合研究センター副センター長、兼 高輝度光科学研究センター部門長としてSPring-8フロンティアソフトマター開発産学連合ビームラインを立ち上げ、放射光の産業利用に先鞭をつける。2015年4月より次世代放射光計画に伴い東北大学多元物質科学研究所 教授、総長特別補佐(研究担当)に就任。次世代放射光の産業利用を推進する一般財団法人光科学イノベーションセンターの設立に伴い理事長を兼任。専門分野は放射光を用いた新機能材料の機能解明。


セミナー概要

中小企業が挑戦できる東北を創る次世代放射光

今回のセミナーでは、東北大学キャンパス内に建設される「次世代放射光施設」についてお話しします。次世代放射光施設は、原子・分子・ナノの構造や、電子が関わる機能を見ることができる巨大な顕微鏡です。次世代放射光施設の概要、産業利用の可能性及び地域経済への波及効果等について、世界最高峰の性能を誇る放射光施設「SPring-8」の産業利用を推進した高田昌樹氏が解説します。

チラシはこちら

過去の開催報告はこちら


参加費

1,000円(税込)※当日お支払い、交流会費込み


定員

40名(先着順)


申込方法


①下記フォームからお申込いただけます。
お申込はこちらから

②上記以外の申込方法
「第137回寺子屋せんだい申込」と明記し、氏名・所属団体名・部署(役職)・電話番号・メールアドレスを明記の上、メールかFAXでお申し込みください。

※ お申込でご記入いただいた個人情報につきましては、当該セミナーの受講者名簿の作成及び受講又は受講後のフォローアンケートに関する連絡のほか、公益財団法人仙台市産業振興事業団および仙台市主催の各事業情報提供の目的のみに使用いたします。


申込締切

2019年11月25日(月)まで


お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
経営支援部 経営支援課 担当:菊田・芳賀
TEL : 022-724-1122 FAX : 022-715-8205
E-mail:keieishien@siip.city.sendai.jp