ホーム > 新事業展開・研究開発のためのメニュー > フードビジネス開発支援

フードビジネス開発支援事業

付加価値の高い食品を開発しようとする飲食店、ホテル、加工事業者などが増えている一方、多様化が進む消費者ニーズを的確に把握し、商品化を成功する上では様々な課題があります。食品加工技術、販売力、ビジネスパートナーとのネットワークなど様々な課題を抱えている食品関連事業者や生産者の個々の問題点を発掘し、地元農林水産物等を積極的に活用し売れる商品作りに向け支援を行い仙台圏のフードビジネスの拡大・底上げを図ります。

フードビジネス開発企業訪問事業

農林漁業者と商工業者の農商工連携のマッチングや商品開発、販路拡大に関する課題解決を訪問または相談窓口を通して直接支援いたします。

例:県内産の農業者等と繋がりたい。
地場産食材で加工品を作りたいがノウハウがわからない。
(レシピ開発・加工方法・販路先等の支援)


ずんだプロジェクト

仙台産の枝豆をはじめ、市内で生産された農産物を商工事業者に繋ぎ付加価値のある「加工食品」の開発を支援するプロジェクトを行っています。食品事業者が持つ知見や情報、加工技術等を最大限に活用して仙台産農産物の新たな商品化やブランド化を目指します。

例:仙台市の農産物・1次加工品には下記のものがあります。
米・大豆・そば・枝豆・ネギ・ユキナ
大豆粉・そばの実・冷凍剥き枝豆等






ビジネス開発ディレクター(フードビジネス開発支援担当)の紹介

川島 洋子(かわしま ようこ)

ビジネス開発ディレクター・フードコーディネーター
・野菜ソムリエ
・宮城県6次化プランナー
・米食味鑑定士
・JGAP指導員


お問い合わせ

経営支援部 経営支援課
TEL 022-724-1122
FAX 022-715-8205
E-mail:keieishien@siip.city.sendai.jp